2012年11月23日

指の使い方

数えたり、足したり、引いたりするのに、指を使うことを教えます。

繰り上がりや、繰り下がり(教室では別のやり方で教えます)を使うので、10以上の足し算や引き算は事実上必要ありません。ですから10本の指で事足りるのです。

最初の頃は、指を使うことは余り良くないと思い、積木で教えていました。しかし、実生活上、お母さんと勉強するときに、積木がいつもあるわけでもなく、また、学校に積木を持っていくわけにもいかないので、いろいろ考えた末に、指で数えることを推奨することにしました。

結論的には、10以上の計算はしなくていいので、手の指だけで事足りるので、都合がいいことがわかりました。指を使う最大の理由の、いつでも使えて、イメージしやすいことにあります。しかし、もし何等かの理由で指が使えないならば、積木でも同じ効果が期待できます。要するに最終的には、頭の中でイメージすることが大切なのですから。

そして、それを下支えするのが、5までの量感です。指にせよ積木にせよ、5個単位で扱います。ですから、5までの量感のしっかりしている子どもは、指を数える必要がありません。ここが極めて重要なのです。

年中さんくらいまでに最低限3までの量感が付いていることが望ましいのですが、年長さんの場合は、最低5までの量感があると、計算が劇的に楽になります。

先日ホームページで指を模した絵を見ましたが、これは何故か20までありました。このような、実際に存在しない画像は、イメージしにくく、定着は中々期待できません。存在しないものを使うというのは極めて非効率的です。

算数の第一歩は、量感です。実際に触れれるものを使って、数を覚えていきましょう。数唱も大切ですが、そらで歌う数え歌は、量感を一切伴いません。たとえ、数を自由自在に数えられても、量感がなければ、結局算数は苦手になっていってしまいます。これは、車の両輪です。どちらか一方でいいというものではありません。是非、親御さんもその点に留意して量感と数唱を丁寧に教えてあげてください。

ラベル:鶴田式算数 習慣
posted by 鶴田進 at 23:47| Comment(0) | 幼児教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しいひと時

今日は、生徒に掛け算を教えていました。
既に2の段、10の段、5の段、9の段と教えています。もちろんまだまだマスターはしていません。
今日は、3の段に挑戦です。

私ー3かける2は  生徒ー6
私ー3かける3は  生徒ー9

最初は、いろいろ考えながら答えています。途中から、3づつ足せばいいことにきずき、どんどん答えていきます。
私もちょっと面白かったので、

私ー3かける11は  生徒ー33
私ー3かける12は  生徒ー36

さすがに17まで来たときに「どこまでやるの?」と不満を漏らします。
私は、「じゃー100まで」生徒「分かった」
続きます。

私ー3かける18は  生徒ー54
 ペースはどんどん落ちていきます。
私ー3かける19は  生徒ー57
 ペースはどんどん落ちていきます。
私ー3かける20は  生徒ー60
 もうギブアップ寸前です。

私ー3かける30は  生徒ーえーわかんない!
私ー3かける3は   生徒ー9
私ー9かける10    生徒ーあっ!90

私ーじゃ3かける40は  生徒ー100!...いろいろ考えてやっと120
更に続けてやっと
私ーじゃ3かける100は  生徒ー1000
私ーなんで?100が三つでしょ 生徒ーあー300

私ーじゃ3かける1000は 生徒ー沈黙
私ー1000が三つ      生徒ー3000

私ーじゃ3かける10000は  不安そうに生徒ー30000
私ー正解!           生徒ー得意満面!

彼はこの夏から、私の教室に来ている1年生です。
ラベル:鶴田式算数
posted by 鶴田進 at 00:08| Comment(0) | 幼児教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

子どもはママが大好き

いつも感じることですが、どの子どももママが大好きです。
ただ、子どもは時々ママの愛情を疑う時があります。いくら、言葉をつくしても、愛情は決して伝わりません。
愛情は、常日頃の行いの中にあります。ママが子どものことを、心から愛していることが、態度になって表れるのです。

先日、象が、飼育員を殺した事件がありました。その顛末は、なんと母親象が産後のストレスから、我が子をいじめていたのを飼育員が止めようとしての事故でした。

もう、わかりますよね。ママのストレスがお子さんを苦しめるのです。これは、以外に自覚してるママも少なくありません。自覚しているにも関わらず止められない。何とも悲しい事です。

ですから、ママは如何にストレスをためないかということに注力すべきなのです。そうすることで、子どもは、ママに愛されていると純粋に感じることができるようになるのです。

では、ストレスをためないためにどうすればいいのか?
当然、一般的な環境に無い場合は当てはまりません。しかし、普通、育児ノイローゼなども含めて、子どもと密着しすぎていることから、逆にストレスをためてしまうことが少なくありません。

ですから、僅かでもいいので、子どもから離れて、自分の時間を作り、一瞬でも子どものことを忘れ、自分の為に時間を使ってください。

子どものことを一瞬でも忘れることが、結局ストレスをためずに、子どもに接する一案いい方法なのです。

子どもは愛情を感じにくい状況が続くと、落着きが無くなり、常に母親を探すようになります。少しでも見えなくなると泣いたりするようになります。ですから、子どもの今の状況を確認したければ、一人で遊んでいる時に、そっと子どもから見えないところへ離れてみることです。その時の子どもの対応を見れば、状況は一変にわかります。

そして、結果がはかばかしくない場合は、毎日でなくても、わずかでも、子どもと離れる時間を作り、その時間だけは、子どもの事を忘れてください。ちょっと、面白いのは、ママも仕事をしているので、そういった時間はたっぷりとっていると思っているママも実は、問題なのです。子どもと距離を置くことが問題なのではなく、子どもの事から心身共に、一瞬でもいいから解放されることに意味があるのです。ですから、この距離を置いている時間は、仕事ではなく、リラックスできなければ効果は、余り期待できません。

そのことを踏まえて、定期的に子どもから離れ、純粋に楽しむ時間を作って下さい。それが、素敵な親子を作るのです。

ラベル:鶴田式算数 習慣
posted by 鶴田進 at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。