2012年11月21日

習慣ではなく、楽しさを追求する。

習慣とは、毎日やることではなく、毎日やらないと気持ち悪いことです。ですから、勉強が習慣になっているとは、勉強をしないと気持ち悪くて寝れないというような感覚になることです。
はたして、あなたのお子さんは、お勉強が習慣になっていますか?
はっきり言ってそんな人は、まずお目に掛かれません。なぜならば、もしそういう状態になった人がいたとしたら、大学を出て就職しても、その習慣が続いているはずですから!実際には勉強の必要性が無くなった時点で勉強は終了というのが普通ではないでしょうか?

では、毎日勉強してもらうにはどうしたらいいでしょうか?
結論は極めて簡単です。答えは、勉強をしたくて、したくてたまらなくなることです。
では、勉強したくなるとは、どういうことかというと、勉強が楽しくってしょうがないことです。

つまり、習慣ではなく、楽しさを追求することこそ、勉強好きな子どもを作ることになるのです。

ですから、勉強が好きになるとはどんなことでしょうか?

一つは、小さくていいので大量の成功体験です。成功体験は、心を一回り大きくします。そして、次の事にチャレンジする勇気をくれます。そして更に成功体験を積んでいくのです。

しかし、成功体験だけでは、足りません。
その部分は、一人ひとり同じではありません。ですから、一概にはいえないのですが、いくつかの成功事例を今後紹介していきます。
posted by 鶴田進 at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。