2012年11月25日

外遊びと空間認識


空間認識は、外遊びの中で身に付くという方がおられますが、現実には、いくら外遊びをしたところで、空間認識は身に付きません。

なぜならば、外遊びをしている時に空間認識が必要な出来事が無いからです。
必要は発明の母という言葉がありますが、必要は学習の母でもあるのです。

いろいろある遊びの中で、空間認識が一番必要そうに思えるのが外遊びなだけで、実際のところ、外遊び=空間認識にはなりません。

これは、パズルを解いていれば、推理力や空間認識力が付くと振れている方々とまったく同じで、全くそういったことが無いとは言いませんが、ものすごく遠回しな場合によっては、ゴールに到達しない学習方法にすぎません。

ですから、遊びからの学習は、学習目的や目標を設定せず、場当たり的に様々なことを学習するべきなのです。それらは、教育者がまだ、考えてもいないことの学習なのかもしれません。

逆にお勉強は、学習目的や目標がしっかり定まっている方が、学習効率がいいのは言うまでもありません。何のために学習しているのか。それを明文化し、順序だって学習することが、学習の最短コースであると思います。


posted by 鶴田進 at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。