2012年11月27日

空間認識と立体認識

よく、積み上げられた積木の数を数えるプリントがあります。もし、小学校受験の為であれば、立体認識など無くてもあの問題は簡単い解くことが出来ます。

どうするかというと、上を向いている面にその面の高さを書き込み、その数字を全部足すだけです。極めて簡単です。誰でもできます。しかし、立体認識も何も必要ありません。

私は、インチキ立体認識として、親御さんに教えたことはありますが、これを堂々と立体認識法として、教えている幼児教室もあるそうです。既に小学校受験の段階から、本物の知識ではなく、受験テクニックを仕込む教育方法にはちょっとがっかりします。

立体が認識できない理由は、極めて簡単です。要するに見えないところが想像できないからなのです。ですから、見えない部分を見えるように補完てあげると、あっという間に立体認識ができるようになります。

そして、一度身に付くつと、おおしろいように更に複雑な立体認識が可能になってきます。

空間認識も同じです。要するに想像できないから、分からないのです。想像できるようにしてあげれば何ら難しいことはありません。

立体認識も空間認識もはっきりってなくても生きていけます。地図の読めない女というのがありましたが、多少不便はあるでしょうが、認識できないからといって、生きていけないわけではありません。というか既に、地図の読めない女という言葉があるように、空間認識の出来ない人はものすごくたくさんいるのです。ですから、私は、受験でもない限り、無理にこの能力を付けなくてもいいのではと考えています。

しかし、それでも、空間認識や立体認識ができるようになりたいとお考えならば、自宅で出来る空間認識学習法を一つお教えします。

正直言って簡単です。迷路を目だけで解いてください。決して、筆記用具で印を付けたりせず、目だけで迷路を追いかけてください。これは俯瞰(全体を上から見ること)力を付ける訓練です。迷路は、迷路の中に入ってしまうと難しいものですが、全体を上から見ると以外に簡単に解けます。正しくこの能力の不足が空間認識を不可能にしているのです。

ですから、俯瞰力を高めていけば、おのずと地図がよめるようになってきます。騙されたと思って一度試してみてください。







posted by 鶴田進 at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。