2012年12月12日

達成感

子どもが、与えた問題から発展させて自分で解くことがあります。そして、それを解けた時は、してやったりという満足度MAXの顔をします。

本当に見っていて、かわいくも、うれしいひと時です。
自分で問題を作れるとうことは、問題を十分理解している証拠であり、そして、それを解くということは、解き方を完全に習得しているということです。そして、この達成感は、次なる勉強への最高の原動力になります。

どうしても、親御さんは、問題でもなんでも与えてしまう傾向があります。しかし、子ども達にとって、一番楽しいのは、実は、自分で問題を作ることです。

ある子供は、まず、自分で問題と答えを作り、それとは別の紙に問題だけを書き写し、その問題を解き、答え合わせまでしています。ちょっと面白いのは、最初に作った回答に間違いがあることがあるのですが、何ら問題なく、問題を解いていき、答え合わせまでしています。

彼らは、勉強をしているという意識はあっても、実は、気持ちは遊んでいるのです。ですから、長続きがするのです。遊びですから中々やめません。本当に飽きが来るまで続けていくれます。

勉強自体を遊びに変える。これこそが求める学習方法です。




posted by 鶴田進 at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。