2012年12月13日

OJT

オン ジョブ トレーニング

本や説明、動画などでは、説明しきれないもを、実際に現場に一緒にでて、研修する方法

私の教室も同じで、教え方のマニュアルを作れば何とかなるというものではありません。
つまり、算数を簡単にマスターするテクニックも当然大切です。そしてその部分だけであれば、マニュアル化も可能かもしれません。しかし、本当に大切なのは、子ども達との接し方なのです。

教え方ではありません。接し方が大切なのです。

たまに、私の教室を見学される方がおられますが、人によっては、到底まねできないといわれる方もおられます。何が真似が出来ないのか、私にはピンと来ていません。しかし、世の中一般の学習塾や教室といわれるところとは、根本的に異なります。他にも書きましたが、先生が授業を作り上げていくのではなく、子どもと協力して授業を作り上げていくのです。ですから、算数から大きく逸脱すようなことは、正直日常茶飯事です。しかし、そういう時に学習したことは、簡単には忘れませんし、算数も習得がものすぐく早くなります。

ここに、最大のポイントがあります。つまり、今までの塾などと違いすぎて、言葉で説明が出来ません。ビデオを見ても意味がなく、ひとり、一人の子どもに合わせて、やり方が異なってきます。

ですから、OJTなのです。OJTの中でもいじめが発生するのです。
ですから、いろいろと情報を整理すると、病気なのです。




posted by 鶴田進 at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。