2012年12月15日

理科の実験

様々なところで、理科の実験教室をやっています。私の教室でも、夏に一度行いました。

しかし、小学校低学年の子供には、理窟や原理を理解することは無理で、実験をしたというだけに終わってしまいました。
他の実験教室の話もいくつか聞いてみたのですが、どうも、実験そのもが勉強に繋がることはあまりなく、実験を塾の勧誘に使っているところもありました。

そして、理科が大好きといっていた子どもが実際には、理科のテストで全く取れないことがあり、よくよく聞くと、理科の実験が好きだっただけで、理科自体が好きだったわけではなかったのです。<本人も無自覚でした。

実際に理科の実験は楽しいものですが、実際に小学校で習う理科は、実験とは関係ない、地質や天体がかなりをウェートを占めており、また、理科は、算数的思考が必要(場合によっては算数そのものが必要)なために、算数が苦手な子どもは実は、理科の点数が取れません。

ですから、「理科が大好き」といっていながら点数が取れないお子さんの場合、実は、理科の実験が好きなだけで、理科そのものは好きではないことがありますので、注意して、見てあげてください。

そして、理科の点数が取れないからと理科の勉強をさせる前に本当に引っかかっている点がどこなのか、記憶系なのか、論理系なのか、計算系なのかよく見てあげて、指導をしてあげてください。

posted by 鶴田進 at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。