2012年12月17日

練習中は、タイムは気にしない。

貴方は、陸上の選手だったとします。

今、あなたがしなければならない練習はフォーム作りです。完璧なフォームをまず作り、それから、走りこんでいきます。
このフォーム作りの最中に、タイムを測ることに意味があると思いますか?

フォームが完全に自分のものになっていないのに、タイムを求めたら、フォームは壊れてしまいます。

普通に考えれば、簡単なことなんですが、お勉強においては、なぜか、直ぐに時間を計り始める傾向が強くあります。
ただでさえ、大量の宿題は、1秒でも早く終わらせたいのですから、先ほどのように、フォームを作るどころか、フォームなど無視して、全力疾走してしまいます。

その結果、フォームは壊れ、実はもっと早く走れるのに、ということになってしまうのです。

何を言っているの?と思われますか?簡単なことです。

字が汚いから、添削者どころか自分自信が文字を読み間違える。
計算の途中経過を書かないから検算が出来ない。
早くと期待から、文章問題を読まない。または適当に読んで間違える。
ありえないミスを犯す。

ということです。あなたのお子さんは大丈夫ですか?大なり小なり、どの子どもも同じ問題を抱えています。
これらは、決して、性格などからくるものではなく、フォームの矯正をすればいいのです。その為には、1問1問に時間を十分にかけて丁寧に解く練習を習慣化するまで続けるしかありません。

一度こうなってしまったら、正直あとは、根競べですね。丁寧に解く習慣ができるまで、付き合ってあげましょう。そうなる前に対策を打たなかった親御さんの責任なんですから



posted by 鶴田進 at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。