2013年01月19日

時速はシンプル


時速の問題は、何時も子ども達を悩ませます。

それは、時速を客観的に理解できていないことによります。
客観的に理解する一つの方法として、単位を簡潔に理解しましょう。

時速とは、単位時間に移動した距離の事です。
単位時間とは、1時間です。
ですから、時速とは、1時間に移動した距離の事です。

これを単位で表すと、Km/h (h : 1 Hour=1時間)

そして、/は、パー つまり÷を表しているので、 Km÷h 要するに 距離÷時間 です。

つまり、単位は、その値を求める公式そのものなのです。

それは、面積でも堆積でもその他の単位でも同じです。

次回以降にそのことを書きます。





posted by 鶴田進 at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

セントウム(centum)

セントウム(centum)

これは、アメリカのコイン、1セントの語源です。意味は、100を表します。
同じ単語を語源とする単語がいくつかあります。

その一つが、センチです。
センチとは、100分の1を意味します。センチメートルは、1メートルの100分の1です。
センチリットル(CL)は、1リットルの100分の1リットルのことです。

そして、意外なものがパーセントです。
パーセントとは、パー ・ セント と2つの言葉からできています。
セントは同じ100を表しますが、パーの意味は分かりますか?

簡単に言うと÷ということです。

ということは、100で割るという意味です。

つまり、パーセントとは、100分の1を単位とするという意味です。

だから、1が100%になるのです。


posted by 鶴田進 at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

好奇心は最大のモチベーション

本当に勉強を好きにさせたいと思ったなら、まず、結果を求めないことです。結果を求められれば、勉強は楽しいことではなく、苦しいことになってしまいます。本来小学校2年生くらいまでは、結果を一切求めず、勉強の楽しさを教えるべきです。
そうやって、勉強が楽しいと感じ始めたら、結果としえ、成績が上がり始め、ひとたび成績が上がれば、それを維持しようと自発的に勉強をするようになります。

当然、行き詰ったり、立ち往生することもあります。そういう時に、しっかり支えてあげる必要があります。支えるとは教えることではありません。何故、行き詰ったか、若しくは、立ち往生したかをよく、聞いて一緒に解決してあげることです。

その結果として、塾や教室に通うのも一つです。

ただ、問題は、そういったことに親身になって、子どもに寄り添ってくれる先生を探すのが大変だということです。

ですから、有名だからとか、みんなが行っているからとか、というだけで選んではいけません。親御さんも、誰かに預ければ何とかなるという風に考えずに親身になって、子どもに本当に合う塾を選んであげてください。



千葉テレビ サタ☆スタで塾を紹介して頂いた、株式会社 住生活総合企画 さん主催で来年1月17日に座談会を開きます。
是非ご参加ください。
日程:平成25年1月17日木曜日 10時〜12時半
場所:葛西区民館 2F 集会室第2
参加料:無料

お申込みは、下記PDFを印刷して、ご記入した上、FAXして下さい。
FAX 04-7138-6209
各種お問合せ:04-7138-6208
株式会社 住生活総合企画 まで

パンフ兼申込書



posted by 鶴田進 at 02:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。