2013年01月22日

面積再び

面積の理解は、前回書きましたが、キューブブロックを使うと簡単にできます。

そして、その発展系ですが、例えば3個×4個=12個の長方形をブロックを作ります。
ブロックの1辺を1mとすると
ブロック一つが1m×1m=1m2なので
3m×4m=12m
でブロックの数と面積が一致する。

これを何回かブロック数を変えながら説明します。
面積の概念理解です。

これが一段落したら、長方形の右上からブロックを1つ取ります。
そして、欠けた長方形の面積は、完全な長方形から欠けた部分の面積を引けばいいことを教えます。

これも取り除くブロックの数や場所を変えながら、何回も教えます。
一般に、数回で、概念理解が進みます。

大体一回で、かなり複雑な面積の計算も出来るようになります。




posted by 鶴田進 at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。