2013年01月24日

掛け算九九は最悪の学習方法

掛け算九九を覚えると、掛け算ができるようになると思っていませんか?掛け算が掛け算の為だけにあるのであればそれでもいいのですが、そうではないから問題なのです。

まず、割り算です。九九で覚えた子どもは、例えば63÷7はときくと、しちに14しちさん21...と九九を唱えて答えを求めていきます。そして、割り算をくりあすると、約数です。約数は、割る数字も分からないので、九九を覚えているだけでは解けません。ここに問題があるのです。

最初から、九九に頼らずに正しく学習していれば、割り算も約数も、苦労せずに出来るようになります。

されに、鶴田式学習法では、掛け算の学習過程で、足し算や引き算をドリルのように何回もするので、掛け算を覚える前までに足し算や引き算を大量にしておく必要もあります。

鶴田式では、足し算や引き算のドリルを十分にする必要もなく、掛け算も九九を覚えるより数段早く覚えることができ、その上、割り算や約数でも直ぐに通用する掛け算をマスターすることが出来ます。

鶴田式学習方法にのっとれば、数年かけて学習数掛け算から約数を僅か数ヶ月で取得可能になります。
なぜならば、子ども達は、学習が楽しいからです。楽しみながら勉強すると、習得力も数倍に跳ね上がります。
ですから、あっという間にマスターできてしますのです。



posted by 鶴田進 at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。