2013年02月16日

暗算などいらない!

暗算の信奉者の多さに呆れかえります。脳トレとして暗算をされるのは一向に構いません。ご自由にどうぞですが、子ども達(特に低学年)に暗算を学ばせるのはやめてください。

理由:
まず、試験では、暗算で解いても、筆算で解いても、点数に変わりはない。暗算で解くメリットは無い。
暗算の出来る子どもは、問題を解くときに数式を書かなくなる。その結果、検算が出来ない。式を書かないことでむしろ点数をもらえないことがある。書かない習慣が身に付くと、問題が難しくなっても、図式にしても書こうとしないので、結局点数が取れない。
中学受験でもそうだが、計算問題は、あまりでない。つまり、暗算が得意だからといって加点要素にはほとんどならないということです。むしろ、検算が出来ないので、ケアレスミスが増え結果的に減点の方が多くなります。

テストは、確実に点数をとることが最も大切です。
ということは、暗算より筆算の方がテストでは有利だということになります。

また、日常生活でも、暗算ができることで、他者より優位になることなどほとんどありません。今時携帯電でも計算が出来るのですから暗算が出来る意味がほとんどありません。

以前、知り合いの京大生が3桁の掛け算を暗算でしていました。さすがにここまで出来ると驚きでしたが、2桁の掛け算が出来たところで、対して利用できるものではないです。





posted by 鶴田進 at 01:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

遊びと勉強

教室に来る生徒の内何人かは、直ぐには勉強を始めません。
ある子は、まず、おやつを食べます。またある子は、折り紙や切り紙等工作を始めます。そうやって、ひと心地ついてから勉強を始めます。

面白いことに、この勉強前の時間が十分だっと時ほど、勉強に集中する傾向にあります。
そして、なぜか、そういう時ほど、人の言うことをよく聞いてくれます。

私の教室は特殊です。ある種実験的な部分もあります。そして、子ども一人ひとりに合わせた方法を模索しています。その中には、おやつや工作からおしゃべり、など学習から程遠いものもあります。確かに、日によってはそれで終わってしまうこともないわけではないですが、3カ月を過ぎたくらいから勉強自体も、目に見えて効果が表れ始めます。成績が顕著に上がる子どももいますが、それ以上に、勉強に対する姿勢が変わっていきます。これは、かなり高い確立で結果が出ます。ただし、個人差やあります。そして、効果を最大にするためには、親御さんの理解と協力は不可欠です。

子どもが楽しく勉強できれば、お母さんもお父さんも声を荒げる必要は無いのですから、当然、円満な家族になっていきます。特にお母さんは、ストレスが劇的に減り、また、子どもと楽しく過ごす時間が増えるわけですから、笑顔が絶えなくなります。そういった家族になるためには、子どもと真摯に向き合い、強制ではなく、自発的に勉強するように環境を作ってあげてください。

その結果は、お母さん(ママ)がきれいになることでわかります。



posted by 鶴田進 at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

面白い問題

今日、生徒が問題集をもってきて、分からないところを一緒に見ていました。
単位の問題です。

砂糖の1袋の重さ    答え:Kg
トラックに載せる荷物  答え:t(トン)

ここで、子どもに質問
私   「トンって何Kgか知ってる?」
子ども「100Kg」

単位を知ってるのか知らないのか?
とりあえず中途半端なこの状況をなんとかしなければ...

キログラムもおぼつかないのにトンを教えるのは早すぎではないでしょうか?
posted by 鶴田進 at 00:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。